HOME > スベシャル > 松本響音 連載 『きらきらきら』

松本響音 連載 『きらきらきら』

女流書道家 松本響音 連載 
『きらきらきら』
人が、すべての命が、世界が、
美しく光り輝くように―――


松本響音 連載 『きらきらきら』
夢と希望

『夢と希望』

甘く美しく、ありふれた言葉に
ふと心が引き留められる。

はっきりしていた夢がどんどんぼんやりして
日常をその時なりにふわっと幸せに、
あるいは漠然と過ごしてる。

いつか書いた練習用紙を前に自分と対話する。
希望なんて意識したことはないけど、

何も疑わず、当たり前に信じてた。

 

何をしたい?
どうなりたい?

 

もう一度そこからちゃんと。

決めたらきっと、歩き出せる。
動き出す。

 

今だからこそ、 ここから。