HOME > スベシャル > 松本響音 連載 『きらきらきら』

松本響音 連載 『きらきらきら』

女流書道家 松本響音 連載 
『きらきらきら』
人が、すべての命が、世界が、
美しく光り輝くように―――


松本響音 連載 『きらきらきら』
憶

『憶』

 

心にとどめて忘れない。

 

-------------------------------------------------

「『おもう』という漢字、今は『思う』しか常用されていませんが、
昔は10種類くらいを遣い分けていたらしいですよ!」
と 教えていただいた。
( 思・念・惟・想・意・憶・懐・情 ‥‥ おそらく一部 )

シンプルは好きだけど、美しい情緒を簡略化するのはあまりに勿体ない。
私は日本のゆかしさをいつでも大切におもおもいたい。
そんな丁寧さ ひとつひとつが、心を豊かにしてくれるような気がする。